ミャア先生の節約マニュアル

家電選びの知恵デジカメの選び方−目次



デジカメの選び方では、損をしないデジカメ選びのポイントを紹介してます。 画素数の秘密、デジカメの特徴などに迫ってみました。

画素数に騙されないポイント1 画素数に騙されない

家電屋さんで、デジタルカメラをチェックすると必ずあるのが、画素数の表示。 よく観察してみると300万画素より400万画素、400万画素より500万画素と、画素数が多くなるほど値段が高くなっています。

大量画素ほど、値段が高いのだからキレイに写る?と思ったら全然そんなことはないのです!!

では、そもそも画素数って何でしょう?画素数というのは「画像の点の数」のことです。 マニアックな説明になるので詳細は抜粋しますが、500万画素と300画素などほとんど違いはありません。 むしろ、遠くを撮影する時は、300万画素の方がキレイなぐらいです。

では、何故大量画素ほど、値段が高いのでしょう?そもそも各カメラメーカーが、画素数で技術競争をしていたからに他ならないのです。

「最新型は、以前の型より価格と、画素数を上げる」この構図が「画素数が上がると価格が上がる」となったのです。 そして、日本人特有の「高い物=良いもの」という構図が「画素数が高い=キレイ」というまやかしになったのです。

デジカメを買う時は、画素数に騙されて高い物を買ってしまわないよう注意してください。 充電時間等、その他の機能重視で選ぶと言うのが、デジカメのお得な買い方です。


機材がないと損をするポイント2 機材がないと損をする

デジカメとデジカメプリンターは、セットで購入しましょう。 「デジカメ撮ったらお店プリント」をキャッチに展開しているお店プリントサービスですが、これはフイルムカメラの10倍以上の現像料を取られます。

はっきり言って「ぼったくりです」! デジカメプリンターを持っていないと、損をしてしまいますよ^^;


本来の目的ポイント3 本来の目的

CCD(デジカメ)はフイルムカメラより画質がキレイだと思っている人が多いですが(私もそうでした)これは大きな間違いです。 デジカメは、「画質が劣化しない」のであって、普通の撮影ではフイルムカメラの方がキレイに撮影できるのです。

デジタルカメラの本来の目的というか、特有のメリットはPCに取り込んで編集できる、画質を劣化させず保存できる、といったところにあるのではないでしょうか?

それ以外の目的で使うのならば、画質がキレイでプリント料金も安い、フイルムカメラの方がお得なのです。 デジタルカメラを買う時は、よ〜く考えてから購入してくださいね。


現在地: ホーム > 買い物で生活費節約 > 家電選びの知恵 > デジカメの選び方


メニュー買い物で生活費節約カテゴリ

買い物の節約 買い方で節約
買い方で節約目指せ!底値マスター
買い方で節約目指せ!値切りマスター
買い方で節約まとめ買いで生活費節約

買い物の節約 お店攻略で節約
お店攻略で節約中古車ショップ徹底攻略
お店攻略で節約DKショップ徹底攻略
お店攻略で節約100円ショップ徹底攻略
お店攻略で節約ネットショップ徹底攻略
お店攻略で節約コンビ二で節約?

買い物の節約 家電選びの知恵
家電選びの知恵省エネ製品の選び方
家電選びの知恵冷蔵庫の選び方
家電選びの知恵デジカメの選び方
家電選びの知恵掃除機の選び方

買い物の節約 安く買う知恵
安く買う知恵新車を安く買う知恵
安く買う知恵本を安く買う知恵
安く買う知恵金券ショップ活用術
安く買う知恵割引率簡単計算

買い物の節約 使えるネットショップ
使えるネットショップ楽天市場活用術
使えるネットショップニッセン活用術
使えるネットショップ無印良品活用術
使えるネットショップイオンショップ活用術
使えるネットショップ楽天ブックス活用術
使えるネットショップイーブックオフ活用術
使えるネットショップDHC活用術
使えるネットショップ番外!使える楽天ショップ

節約生活メニュー

ピックアップ

何でもリサイクルスーパー回収の資源ゴミ
ゴミ処分費用を節約できるだけでなく、環境にも優しいリサイクル活動です。
 
何でもリサイクルお小遣いの稼げる不用品
不用品リサイクルでお小遣いを得られます。手軽にできる不用品換金方法紹介。
 

電気代の節約術 ページのTOP サイトマップ サイトマップ

簡単節約術エコロジー・資源節約買い物の節約節約リフォーム副収入術節約生活コラム
節約生活の知恵節約グッズ一人暮らしの節約節約情報・家計相談掲示板節約生活リンク集

暮らしの節約・節約生活の節約マニュアル