ミャア先生の節約マニュアル

リビングのリフォーム−目次


窓の大きさ窓の大きさ

節約効果:★★★★

大きな窓にするか?小さな窓にするか?これはどちらにも、それぞれメリットとデメリットがあります。

大きな窓は、光が多く差し込むので、昼間の照明節約になります。 また、開けた時の通気性が良く、少し暑い日でも、冷房を付けず過ごすことができます。 しかし、逆に冷暖房の、保温保冷効果には優れていません。

一方、小さめの窓は、保温保冷効果に優れているで冷暖房費用をかなり節約できます。 しかし、通気性は悪く、部屋も暗くなってしまいます。

どちらがお得か?というと大きめの窓でしょう。 保温保冷効果については、カーテンを付ける雨戸を閉める等の方法で対応することができるからです。


断熱材をしっかり入れる断熱材をしっかり入れる

節約効果:★★★★★

断熱材を入れると保温保冷効果はかなり高まります。 良質の残熱材を床、壁、天井の三方に入れると、高い金額になりますが、それに見合う節約効果があります。 少々、奮発しても入れておかないと、後々ずっと損をし続けることになります。


畳にしてみる畳にしてみる

節約効果:★★★★★

畳には次のようなメリットがあります。

1、除湿性に優れているので、湿気防止になり、家屋の寿命を高めます。

2、保温、保冷に優れているので、夏は涼しく冬は暖かく過ごすことが出来ます。

3、畳のい草は呼吸をして、空気を浄化してくれます。

このような理由から、畳の部屋には快適さと節約効果を期待できます。 フローリングに床暖房を導入するぐらいなら、畳のほうがずっとお得になります。

畳愛好家、管理人の意見
残念なことに、最近は洋式ブームで畳の部屋はどんどん少なくなっています。でも、日本人はやっぱり床に直接座ったり、寝転んだりしたくなる物ですね。 冬にコタツを出した時も、畳の部屋の方がしっくりきます。みなさんも畳を愛用されてみてはいかがでしょう?


照明は省エネ蛍光灯照明は省エネ蛍光灯

節約効果:★★★

リビングは、家で最も長く居る部屋です。したがって、照明を点灯している時間が最も長い部屋といえます。 現在、省エネ達成率100%〜130%ぐらいの照明器具があるので、110%以上のものを目安に選ぶとかなりの電気代を節約できます。

※省エネ製品について詳しくは省エネ製品の選び方を参照。
※照明器具について詳しくは照明器具の節約を参照。

癒しをテーマに、少し薄暗い白熱灯を数個付ける、というのも流行ではありますが、電気代蛍光灯の約3倍消費しますのでご注意を。



現在地: ホーム > 節約ビフォーアフター > 各部屋のリフォーム > リビングリフォーム


メニュー大改造!節約ビフォーアフター

節約リフォーム 各部屋のリフォーム
節約リフォームお風呂のリフォーム
節約リフォームトイレのリフォーム
節約リフォームリビングのリフォーム

節約リフォーム こだわり節約リフォーム
節約リフォームオール電化で節約リフォーム
節約リフォーム給湯器比較検証
節約リフォーム電気ブレーカー考察

節約生活メニュー

節水ゴマ
節水ゴマ
簡単、取り替えだけで蛇口の水を節水できます。
もっと節約グッズ

簡単節約術エコロジー・資源節約買い物の節約節約リフォーム副収入術節約生活コラム
節約生活の知恵節約グッズ一人暮らしの節約節約情報・家計相談掲示板節約生活リンク集

暮らしの節約・節約生活の節約マニュアル