ミャア先生の節約マニュアル

エコバックを持参2−目次

※この記事は2006年1月に執筆

エコバッグを持参エコバック人口増加!

2006年のはじめ頃にエコバックを持参という記事を書いて、約2年が経過しようとしてます。現状はというと、かなり良い方向に向かっているようです。マイバック人口は増加!スーパー等に買い物に出かけても持っている人をかなり見かけるようになりました。

2006年当初は、記事を書くときに「買い物袋」とか「レジ袋」と書いていましたが、現在は、「エコバック」という新しい言葉が浸透し、定着しようとしているみたいです。2008年内には、ほぼ定着するのではないかと思われるエコバック!現況評価と、これから新たに努力すべき点等を書いてみたいと思います。


エコバックを持参大手スーパーの賢い取り組み

大手イオン系列のスーパーでは、「エコバック」を持参したお客にポイントを付加する取り組みを始めています。管理人宅の近所のイオンでは、エコバックを持参するとスタンプが貰え、スタンプカードが一杯になると、市町村指定のゴミ袋に交換してくれるのです。

この取り組みは、これまでの「レジ袋に料金を課す」等の消極的な対策とは違います。レジ袋が無くなる事のデメリット、をポイントでカバーし、客に負担させるのではなく、企業側が呑もうと言う積極的な姿勢が伺えます。

このような取り組みが広まれば、おおかた2008年には「エコバック」が定着するのではないかと期待しています。


エコバックを持参次はコンビニだ!

スーパー等では、徐々に定着しつつある「エコバック」。最後のヤマは、コンビニ?かもしれません。そもそもコンビ二は便利を売りにしている訳で、「便利」と対局するこの取り組みに店側が対応するのは難しいでしょう・・・お客にとってもコンビ二は、「わざわざ行く」のではなく、「立ち寄る」場所。トートバックやマイかごを持参する人はいないでしょう。

そんなコンビニで、袋を無駄にしないようにするのに必要なのは、「袋は要りません」と言える客の勇気と、それを言いやすくする店側の雰囲気作りでしょう。

缶ジュース一本から、袋に入れるいう姿勢はどう考えてもおかしい。そんな当たり前のように袋に入れられては、客も言い出しにくい。レジ袋に入れないのが当たり前という、雰囲気作りが今後の大きな課題だと思います。


現在地: ホーム > 資源節約 > 資源節約の取り組み > エコバックを持参2


メニュー買い物で生活費節約カテゴリ

資源節約とリサイクル 資源節約の取り組み
資源節約の取り組み地球環境と資源節約
資源節約の取り組みチーム−6%に参加しよう
資源節約の取り組みペットボトル警報
資源節約の取り組み買い物袋を持参
資源節約の取り組みもったいないを世界共通語に

資源節約とリサイクル 何でもリサイクル
何でもリサイクルスーパー回収の資源ゴミ
何でもリサイクルお小遣いが稼げる不用品

節約生活メニュー

節約生活メニュー器具別節約術
ツリー節約術冷蔵庫
ツリー節約術冷凍庫
ツリー節約術テレビ
ツリー節約術炊飯器
ツリー節約術洗濯機
ツリー節約術電子レンジ
ツリー節約術照明器具
ツリー節約術掃除機
ツリー節約術給湯器
ツリー節約術ガスコンロ
ツリー節約術エアコン
ツリー節約術石油ストーブ
ツリー節約術扇風機
ツリー節約術コタツ
ツリー節約術固定電話
ツリー節約術携帯電話
ツリー節約術自動車

簡単節約術エコロジー・資源節約買い物の節約節約リフォーム副収入術節約生活コラム
節約生活の知恵節約グッズ一人暮らしの節約節約情報・家計相談掲示板節約生活リンク集

暮らしの節約・節約生活の節約マニュアル